わが家の自由研究

好きなこと 知りたいことを たのしく研究するブログ

梅シロップのサイエンス

梅シロップを仕込んで今日で7日目です。
梅シロップの仕込み初日
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190618143628j:plain

4日目 水滴が見える
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190618143704j:plain

6日目 さらに水分が出てきた 氷砂糖が溶けて小さくなった
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190618143725j:plain

7日目 袋を立ててみると、たくさん水分が出ている
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190619125918j:plain
なんで、梅から水分が出てきたんだろう?
お兄ちゃん「梅の酸が化学反応を起こしてるのかも」

酸か~なるほど!(酸・・・お母さんには、よくわからないなー)

おとうと 「氷砂糖が梅に水分を出せって、命令してる」

うん、なんか砂糖が関係してそうやね。


そこで、まずは砂糖がどんなふうに働いているのか調べてみました。

砂糖には、たくさんの性質があるのですが、水分をかかえこむ力が強くて、水分を奪い取る力(脱水作用)が大きいことが挙げられます。
水分を引き出すことで、砂糖は食べ物の保存に役立っているのです。

そもそも、食品の腐敗や劣化は、水分が大きな原因です。
食品を腐敗させる微生物は、水分の中で活性化し増殖していきます。
この微生物たちの動きを鈍くさせるには、水分を少なくすればよい!!のです。

一般に、食品の中の砂糖濃度が65%以上になると、大部分の微生物の増殖が抑えられるとされています。

よく私は、自己判断でレシピよりも砂糖を減らしちゃおう!っていうことをやるのですが、保存の面から考えると、料理によっては本当に減らしていいのか見極める必要がありますね。
ひとつ勉強になりました。



また梅シロップは、浸透圧の力を使っています。
~浸透圧について~
濃度の異なる水溶液を半透膜で隔てておくと、その膜を通して水だけが濃度の低いほうから高い方へ移動することを「浸透」といい、その圧力を「浸透圧」といいます。
簡単にいうと、「同じ濃度になろうとする」力のことです。

梅シロップの場合、梅に砂糖をまぶすと、浸透圧の力で水分が引き出されて梅シロップになるのです。


ちなみに、梅酒や梅シロップは、氷砂糖を使うのが一般的です。氷砂糖は上白糖やグラニュー糖よりも溶けにくくて、ゆっくりじっくりと梅のエキスを引き出すのだそうです。時間をかけることでより深みのある味わいになるんですね。

さて、もうしばらくで梅シロップが完成ししそうです!
自分たちで仕込んだということが、兄弟たちに、さらに美味しさを感じさせてくれることと思います。

和食はどうしてヘルシーになったの?

以前、縄文時代の人たちの食生活を調べてみて、とっても高たんぱくで多種多様な食事に驚きました。美味しそうで栄養価も高そうで。

 

jiyu-kenkyu-kazoku.hatenablog.com

大昔の食生活を知ったあと、ふと、

「あれ?なんで和食ってヘルシーになったんだろう?」

縄文時代の食事に比べたら、質素すぎない?」

「いつから和食の文化が始まったんだろう?」

という疑問がわいてきました。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190616005149j:plain

さっそく、縄文時代より後の弥生時代奈良時代までの食事の歴史を調べてみました。

            参考図書 くもん出版 「歴史ごはん第1巻」

弥生時代

  • 米づくりが盛んになった(縄文時代の終わりごろに渡来人により米が伝わる)
  • 縄文時代よりも寒冷化したため、木の実や動物があまりとれなくなった(当時、北海道と沖縄には米が伝わらなかったので、縄文的な肉食文化が残った)
  • 豆醤や、魚を発酵させてつくる醤油のような調味料が使われた(縄文時代は塩)
  • 「ごはん+おかず」の食事スタイルが確立
  • イノシシやシカなどの動物、魚を食べた(牛・馬は農作業に利用)
  • 稲作以外にも畑作をおこなった(大麦・小麦・ウリ・ひょうたん・カブなど)

 

飛鳥時代奈良時代

  • 中国にならって政治体制が整うと(律令国家)、身分の差が生まれた。食事も身分によって、異なった
  • 長屋王のような身分の高い権力者の食事は品数豊富。器も漆塗り、ガラス製、銀器などを使った
  • 皇族や貴族は牛乳を薬として飲んだ
  • 「氷室」が使われた(身分の高い権力者のみ)。氷室とは、冬の間に厚い氷を切りだして、その氷を保管した場所のこと。食料保存に使われた
  • 中国文化にならい、正式な食事はテーブルとイスで行われ、スプーンと箸が使われた
  • 砂糖の登場(それまではハチミツや、あまづら)
  • 仏教が日本に伝わり、「無益な殺生を禁じる」という考えが伝わった

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190616011459j:plain

 

  • 675年 天武天皇 肉食禁止令(一定期間)
  • 745年 聖武天皇 3年間一切の動物を殺すことを禁じる法令
  • 当初、僧侶や貴族だけが従っていたが、しだいに肉はけがれた食べ物として避ける風習が一般にも広がった
  • 一日2食(身分にかかわらず)
  • 肉食が禁じられたことで、魚や大豆をたんぱく源とした
  • 肉のうまみに変わるものとして、魚や野菜から出汁をとるスタイルができた
  • 庶民は、古墳時代と同じような土器(土師器・須恵器)や木製の器を使用
  • 庶民は税(米)の取り立てが厳しく、米をつくっても自分たちは食べられない貧しい生活を送っていた(山上憶良貧窮問答歌」)

 

ふ~む、なるほど~!!私たちの文化は、やはり仏教の影響が大きいんですね。

仏教での肉食禁止は四肢動物で、二本足の鶏は食べられていたそうです。

そして、なんと肉食の解禁は明治維新のころ。そんなにも長い間、肉食が禁じられていたということを、今回調べて、はじめて知りました。

肉食禁止のおかげで生まれたヘルシーな食文化、今や、世界でも日本食ブームが巻き起こっていますね。

 

しみじみ思うことは、同じ国に生まれても、時代によってこんなにも生活が違うということ。私たちの祖父母世代、親世代、自分たち、子世代で比較してみても、生活スタイルや食事、慣習はずいぶん変わってきていますものね。

 

ほんとうに歴史を知るのは、とても興味深いです!!恥ずかしながら、大人になって、はじめて歴史の奥深さ、おもしろさに気づきました~。子供たちにも、歴史を知るおもしろさを伝えていけたらと思います。

 

はじめての梅仕事(ポリ袋で梅シロップをつくる)

近頃、スーパーにいくと、立派な梅が並んでいますね~!!

これまで、梅は一度も買ったことがありませんでした。

でも、友人がお子さんと「恒例の梅シロップを今年もつくった」と聞いて、今年はうちも挑戦してみようかなって思ったんです。

 

なんせ、はじめてのことで、右も左もわかりません。

調べてみると、ポリ袋で簡単に梅シロップをつくることができるとわかりました。

初心者にとってみると、ビンを消毒する工程がなくて、とてもハードルが下がります。

では、兄弟といっしょに梅シロップつくり、スタート!!

<用意するもの>

青梅  1kg

氷砂糖 1kg

ポリ袋

 

梅を洗います。傷つけないようにていねいに扱います。

そのまま2時間ほど水につけて、アクを抜きます。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190613221706j:plain

乾かします(拭いてもいい)。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190613221744j:plain

つまようじで梅のヘタを取り除きます。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190613221822j:plain

ポリ袋に梅と氷砂糖を入れれば、作業終了。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190613221849j:plain

なんとなんと!とっても簡単でした~っ♪♪

お兄ちゃん「簡単だし、楽しかった。誰がたくさんヘタをとれるかって、ゲームみたいだった」

おとうと 「おもしろかった~」

氷砂糖がすべて溶けたころ、約10日で完成するそうです。

炭酸水で割ったりして飲んだら美味しそうですね。

楽しみです!!

 

 

 

 

 

生クリームからバターをつくろう

今日は、生クリームからバターをつくってみます。
実は、2回目のチャレンジです。

~前回のチャレンジ~
事前情報だと、ビンに生クリームを入れて、15分ほどガシャガシャ振るだけでバターができるとのことでしたが、思ったようにはいきませんでした。
出かけるまで20分だから、出発までにチャチャっと作ろうとしたのですが、一向にバターにならず、出先にまでビンを持っていって、外でも振っていました(笑)。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190611233526j:plain
結局、1時間以上かかって、ようやくバターになりました。
兄弟たちはビンを振るのに飽きてしまって、ほとんどが母の仕事となりました~。
いとこのMちゃんも、以前トライして1時間くらいかかったとのこと。

バター作りは、低温のほうがうまくいくそうです。「5分でできる」という人もいます。
私たちが、こんなにも時間がかかったのは、きっと、気温や手から伝わる温度が関係していたのかもしれません。
ビンの代わりに、ペットボトルで作ると早くできるという意見もありました。


~今回のチャレンジ~
先日、でんじろう先生の番組で、時短でバターをつくる方法を紹介していました。
シェイカーに生クリームと鉄球を入れて振ると、わずか2分ほどで、バターになるらしいのです。
鉄球が撹拌に役立つとのこと。鉄(金属)だから、低温を保つのにも役立ちそうですね。

おー!!これは、ためしてみたい!!
でも、鉄球なんてありません。
鉄球らしきもの・・・あ、ビー玉を使ってみようかな?!
おとうと 「今度こそ、やるぞ~っ!!」

<用意するもの>
ビン
生クリーム 200mL(高脂肪のもの、今回は43%)
ビー玉(きれいに洗っておく)

<つくりかた>
ビンに生クリームとビー玉を入れて振るだけ
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190611233604j:plain

10分 粘度がでてきた
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190611234945j:plain
15分 一部、固まりかけてきた
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190611235008j:plain
30分 バシャっと音がして、水分と固形分に分かれた
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190611233810j:plain
今回も、気温が高かったし、手の温度も伝わってしまったと思います。
残念ながら2分ではできませんでしたが、前回の半分以下の時間でバターが完成しました。
なにより、兄弟たちが最後まできちんとやり遂げました!!!(途中でテレビに気を取られてましたが・・・)

お兄ちゃん「ビー玉いれたら、すごく早くできたね!」

そうです!!前回のチャレンジと違うのは、ビー玉を入れたことだけ。材料もビンも同じ。気温もほぼ同じくらい。
ビー玉効果すごい!

出てきた水分を取り除いて、さっそく、できたてバターに塩を加えて、トーストにぬって食べました。
 兄弟 「うまっ」

ところで、どうして、振るだけで、生クリームがバターになるんだろう??

原理が知りたくなりますねー。

生クリームの中には脂肪が入っています。
その脂肪はうすい膜で囲まれていて、振ることで、膜が破れて、中の脂肪同士がつながります。
さらに振ると、つながった脂肪の間に空気が入ってきます。これがホイップクリームです。
この状態からさらに振り続けると、水分が離れて、もっと脂肪同士がくっつきます。これがバターです。


このほか、牛乳(ノンホモ牛乳)からもバターをつくることができるそうなので、ぜひトライしてみたいと思います。
注:スーパーなどで一般的に売られているのは、ホモジナイズド牛乳なので、バターはうまくできないそうです。
ホモジナイズド牛乳は、撹拌したり超音波を当て、牛乳に含まれる脂肪球をこまかく均質化されています。

ウォーキングでイライラが解消できた話

10歳のお兄ちゃんは、最近イライラしてるのがよくわかります。

思春期の入り口に入ったかな?

本人も、自覚してるようで「あー、なんか、すっごいイライラする。」という発言も。

イライラは、母やおとうとに向けられることもしばしば。

う~ん、お兄ちゃんのストレスを発散するなにかを始めないと!!!

 

一般的に、ストレス解消には、音楽を聴く、おいしいものを食べる、旅行に行く、運動する、大声を出す、などがあるそうなのですが、わが家で、すぐに始められそうな対策として運動(ウォーキング)を取り入れることにしました。

f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190522153820j:plain

 

でも、イライラしているお兄ちゃんに「ウォーキングに行こう」なんて誘っても、きっと答えは「No!!」です。

「あのお店までアイスクリーム買いにいこう。」という声かけには素直に応じてくれました。お店までは4kmくらい。往復すると8kmになります。

 

歩き出したその日に、帰宅後「歩いたらスッキリしたー」と言いました。

 

1週間たつと、自ら「歩こう」と言うようになりました。体力もついてきた様子。

 

10日目、その日は母自身がイライラしている日でした。イライラが噴出して自分でも止められないくらいだったのですが、歩きだして、ちょうど2kmのところでスッとした気持ちになり、「あれ?私、イライラしてない??」という不思議な気持ちになりました。イライラ解消を自分でも体感できたんです。お兄ちゃんの話していた「スッキリしたー」という言葉にとても共感できました。そして、とても楽しいのです。

 

12日目、今日は道中、お兄ちゃんが「走りたくなった」と言い、ジョギングもしました。ウォーキングやジョギングが精神衛生にとても良いことを、本人も理解しているようです。

 

2週間目、この日は母もお兄ちゃんもイライラMAXでした。2kmを過ぎても、まだぷんぷん怒ってイライラしてます。でも5kmを過ぎるころには、怒ってたことを忘れていました。ちょっと距離をのばして10km歩いたのですが、最後には「箸がころんでもおかしい」状態になって、ふたりで冗談を言って大笑いしていました。本当に自分たちでも驚くくらいの気持ちの変化を経験しました。

 

 

なんで、ウォーキングすることで、こんなに気持ちが前向きになったんだろう?

 

自分たちの脳や身体に何が起こっているのか知りたくて、手がかりになる本をさがしに図書館へ行ってきました。そこで、アメリカのカリスマコーチといわれるマーシー・シャイモフ氏の本に出会いました。著書「脳にいいこと」だけをやりなさい!より少し引用させていただきます。

ウォーキング、ジョギング、水泳、ダンス、ヨガなどで定期的に身体を動かすと、頭の中の幸福感はなおいっそう高まります。さらに脳に酸素が供給され、身体に前向きな影響を与えるような化学物質やホルモンの分泌が促進されます。

 ハーバード大学で精神医学を研究しているジョン・レイティは、スポーツ選手を対象にある調査をおこない、その結果、運動の後には幸せの化学物質ードーパミンセロトニン、ノルエピネフリンーが増えていることがわかりました。

 また、うつ状態を改善するのに、運動のほうが処方薬より効果があったという報告がいくつも出されています。

 運動はまた、不安を取り除いたり予防したりする働きがあり、運動後四時間ほどは、気持ちをおだやかにする効果があります。何か運動したあとは、すぐに誰かと口論できるかというと、きっと、激しい言い争いはできないはずなのです。

 運動はまた、喜びの化学物質エンドルフィンを増やすため、運動後には爽快感は五倍増幅されます。

 

ドーパミンセロトニン、ノルエピネフリン、エンドルフィン!!どの物質も、聞いたことがあります。なるほど、運動することでこれらの物質が脳内でつくられ、多幸感が増し、私たちのイライラはどこかへ行ってしまったんですね。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190610200837j:plain

これからは、イライラがやって来たら運動すればいいんだ!と対処法がわかって、お兄ちゃんも私も、安心です。そして、私たちの想像を超えたはたらきをしてくれている、自分たちの脳や身体に感謝、ふかく感謝です。