わが家の自由研究

好きなこと 知りたいことを たのしく研究するブログ

虫が寄ってくる野菜は、どっち?おいしいの?まずいの?

無農薬栽培なら、虫が来るのが当たり前だと思っていました。

ほとんどの野菜が虫喰いになるんだろうな〜と覚悟していました。

初めて育てたイチゴも

f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200805164518j:plain

虫に食べられて大きな穴があいていました🍓


「無農薬だし仕方ない」
「避けては通れない道」

と諦めていましたが、どうやら、虫は理由があって寄ってくるようなのです。


自然農法の教室で
「虫たちは、まっ先に、生命力が落ちている野菜や生育不良の野菜に寄ってきて食べてしまう」と教わりました。

えーーーーっ!!!

「虫が食べるくらい元気でおいしい野菜」じゃないんだ!!!!!



教室で習ったあと、もっともっと深く知りたくていろんな本を読みました。その中に「生ごみ先生」こと吉田俊道氏の本がありました。



生ごみ先生の元気野菜革命』東洋経済新報社によると、病気や害虫がやってくる原因として

・土が未浄化(有機物が分解されていない)
・土がミネラル不足(草不足)
・たい肥や生ごみなどの肥料分が多すぎる、あるいは、少なすぎる
・旬以外の時期に栽培している
・収穫の適期を過ぎている
・日照不足
酸性雨
・深層土の未改良
・根の弱り
・植物の老化

などが挙げられていました。


作物は、虫に食べられると、傷口から病原菌の侵入を防ぐためにファイトアレキシンという物質を出します。
この物質により、苦味が強くなるのだそうです。
健康な野菜はファイトアレキシンを出しません。

生ごみ先生(吉田俊道氏)が、無農薬栽培のブロッコリーを作り、虫喰いのあるものと、ないもので食べ比べをしたところ、虫喰いのあるブロッコリーは苦くてまずく、虫喰いのない方はとても美味しかったそうですよ。



私の中でパラダイムシフトが起きました〜っ⚡


健康な野菜には、無農薬でも虫が寄ってこない。
健康な野菜は、味も美味しい。

不健康な野菜には虫が寄ってくる。
不健康な野菜は、苦くてまずい。

虫たちは、不健康な野菜を食べて、何をしているのでしょう?
不健康な野菜を食べて、消化して、糞として出しています。
糞は土に還って、豊かな土壌をつくってくれます。
つまり
虫たちは、弱ったものを土に還して、新しい生命につないでくれていたのです。

jiyu-kenkyu-kazoku.hatenablog.com

畑の虫たちが、どんどん愛おしく見えてきました!!
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200806140234j:plain


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200806140247j:plain

スーパーで買ってきたトマトの種を植えてみる⑥

スーパーで買ってきたミニトマトのF1品種の種から、次世代(F2)を育てています。
無農薬・無肥料の自然栽培で育てています。


アイコ(黄色)種まきから、ふりかえり

2020/5/1 トマトが入っていたプラスチックのパックに土を入れ、種をまきました。じゅるじゅるした液ごと。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200804221712j:plain

jiyu-kenkyu-kazoku.hatenablog.com


2020/5/7 芽が出てきています。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200804221839j:plain


2020/5/12 たくさん出た芽のうち、4本を花壇に地植えしました。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200804223406j:plain


すくすく育って
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200803221833j:plain


2020/8/3 次世代トマト初収穫〜🍅
(写真右上が親世代F1のアイコ黄色)
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200803220340j:plain

兄弟 「親より長細くなってるー!!」

親世代のさらに上の世代から受け継いだ形質が、この長細い形だったんですね。
遺伝については、こちらの過去記事をご参照ください。
jiyu-kenkyu-kazoku.hatenablog.com

味は、甘くて美味しかったですよー🍅。
味の比較をしたかったのですが、親世代の味を忘れてしまいました~(笑)

狭い花壇でも、とれすぎる大葉

わが家のせまーい花壇でも、ニョキニョキ育ってくれている大葉。

その名の通り、大きい葉っぱ😊

f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200803222254j:image

おとうとの手のひらよりも大きく育ってますねー!!

 

数えてみたら、今日の収穫は90枚でした。

洗って、水気をとって。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200803222342j:image

オリーブオイルと塩、ニンニクと一緒にフードプロセッサーにかけました。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200803222716j:image

ポリ袋に入れて、平たく伸ばし、冷凍しました。

バジルで作るジェノベーゼソースの大葉バージョン。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200803223039j:image

この大葉ソースは、豚のしゃぶしゃぶや、ふかしたポテト、ハンバーグなどにかけて食べています。

 

大葉の効能
大葉にはさまざまな薬効があります。
・発汗を促し、風邪を防ぐ
・気の巡りをよくし、胃のはたらきを回復させる
・魚やカニなど生ものの毒素を消す
・吐き気をおさめる
・身体を温める
身体を温める効果があるため、冷え性にお悩みの方や風邪をひきやすい方には特におすすめ。下痢をしやすい体質の方や、胃腸の働きが弱くなっている方にも適しているようです。

KAWASHIMYAより

 

ちなみに、この10日後に、また、173枚も収穫できました〜🌿

 

まだまだ元気いっぱいに生い茂っています。



 

育てた人の性格が野菜の味に出るって本当?(ラディッシュ)

自然栽培のお仲間から、なんだか面白いことを聞きました。

不思議なことに育てた人の性格が野菜の味に出るそうなのです。

 

それって、マメな性格の人とズボラな性格の人だと、水やりやお世話の頻度が変わるからかな?って思ったら、どうやら、同じ条件で育てても育てる人によって野菜の味が変わるそうなのです。

 「自分に厳しい人はラディッシュが辛い」らしい

 ひゃ~っ💦

知りたいような、知るのが怖いような・・・

 

でも、おもしろそうなので実験することにしましたよ。

 

6/21 花壇にラディッシュを植える。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200720101742j:image

6/27 種のまき方、まく量にも個性あり。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200720101800j:image

ちょうど梅雨時期ということもあり、水やりは雨におまかせです。

途中、間引きました。

7/19 収穫。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200720101830j:image

 

収穫してビックリ仰天っ!!


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200721145818j:image

植えた人によって、こんなにも違うの???

 

まずは、形から見てみましょう。

おとうと いくつ獲っても丸っこい形。

お兄ちゃん いくつ獲っても、少し長いやつ。

 何これ??もはや、ラディッシュの形ではない💦

 母のものよりはプックリ。でも、かなり小ぶり。

 

同じ土、水やりも同じ条件で、育ったラディッシュに、こんなにも差がでましたー!!

 

お次は、味(ドキドキします)。

  甘くて美味しい。後味はラディッシュならではのピリリ感がある。お父さんは普段から穏やかで優しい。

 母 辛い〜、とんでもなく辛い💦💦自分に厳しいとは思えないのですが、だいたい値切り交渉するのは私の役目。関係ないか?(苦笑)。

 お兄ちゃん 辛い!!思春期まっ只中だからかな?

 おとうと 甘ーい!!おとうとは、やりたいことを思いっきりやって楽しそうに過ごしています。ノーストレス(笑)。

 

辛くても甘くても、「反省したり落ち込んだりしないで、淡々と今の状態なんだーと受け入れればいい」のだそうですよ。

 

みなさんも、ぜひ、お試しください😊

スーパーで買ってきたトマトの種を植えてみる⑤

スーパーで買ってきたトマトの種から、次世代を育てています。
(無農薬・無肥料の自然栽培で育てています)

ポットから、花壇(幅30cmほどの狭〜い花壇)に、植え替えして、約1ヶ月が経ちました。

親世代
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200720075523j:plain
これらのトマトはF1品種で、欲しい性質を持った親同士をかけ合わせて(交雑して)作られた品種です。

たとえば、味は劣るけど病気に強い親と、病気には弱いけど味は抜群な親をかけ合わせて、両者の良いところを兼ね備えたスゴイ遺伝子を持つ品種を作り出します。

遺伝については、メンデルの法則の動画を見るとわかりやすいです。

【生物基礎】 遺伝子25 メンデルの研究 (11分)


次世代
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200720080346j:plain

わが家の花壇では、F1品種の次世代(F2)を育てているので、親世代のどのような形質が現れるかわかりません。

形は、親世代と同じでした。
βカロテントマトは丸い実を、アイコは(赤も黄色も)細長い形の実をつけました。でも、次世代アイコは親世代よりも、やや長い🍅

おとうと 「このアイコも、今から、横がもっと膨らんで(親世代と)同じような形になるんじゃない?」

あ、確かに。まだ成長途上なので、これからどうなるか観察していきたいと思います。


こちらは、ホームセンターで買ってきたトマトの苗のその後。青い実が18日後、真っ赤になりました。この日、収穫〜🍅
(青い小さな実をつけてから、1ヶ月で収穫できました)
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200719231718j:plain

おとうと 「あっまーっ」
完熟していて、とっても、甘くて美味しかったです。


ホームセンターでは、2株のトマトを購入しました。その2株からの本日分の収穫は、こちら(7/19)。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200719231732j:plain

海外協力隊の隊員さんのお話を聴く(ZOOM)

ZOOMで募集していた「お話し会」に参加しました。

なんと!!

現役の青年海外協力隊の隊員さんのお話を聴けるという、貴重な機会です。

 

青年海外協力隊っていう言葉は聞いたことがありますが、具体的に、どのような活動をされているのか、全くわかりません。

そして、20代の友達がいない私たちには、20代の方々とお話するのも新鮮です。

そしてそして、今、欠かせないツール「ZOOM」を使うのにもドキドキ・・・❤

 

任期中の隊員さんたちは、今、コロナ禍で一時帰国されているそうです。

そのピンチをチャンスに変えるべく国際協力をもっと身近に、協力隊をキャリアの選択肢にという想いで、この会を開催してくださったそうです。

 

お話しくださるのは、カメルーンに赴任していた方と、セネガルに赴任していた方。

どちらもアフリカにある国です。f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200717211005j:image
地理が好きな兄弟は、もうワクワクしています。

 

まずは、現地で暮らしていた住まいを写真で紹介してくださいました。

トイレやシャワーのインフラが整っていない中、現地の人たちと同じ生活をして暮らしていたそうです。

 

たとえば、カメルーンのトイレは、地面に穴があいているだけ。その穴に用を足します。セネガルのトイレ事情は、イスラム圏だったこともあり、用を足したら、左手で拭いて、バケツで手を洗うのだとか・・・。

ひょえ~💦

 

お給料(協力隊手当)は、現地の水準にあわせて出されるので、自炊をしたり、贅沢をしないように暮らしておられたとのこと。

 

そして、驚いたことに、協力隊の隊員として、どのような任務を行うかは決まっておらず、現地の暮らしをする中で、何が必要か探っていくのだそうです(;゚Д゚)。

最初の3カ月は、現地との交流をして、生活を知るところからのスタート。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200717211140j:image

しかも、セネガルに赴任した隊員さんは、事前に語学研修で習ったフランス語が通じない地域で、いちから現地語をがんばって習得されたそうです。

ほんとに頭が下がります。

 

セネガルの隊員さんは、体育授業の普及をめざしての活動だったそうですが、そもそも学校に体育の授業自体がないので、協力してくれる学校や先生を探すところからのスタート。子供たちは、じっくりと座って話を聞いてくれない。

そこで、わかりやすい競技「つなひき」を普及させることに!

 

地域の複数の学校で、つなひき大会をしよう!というところまで漕ぎつけたそうですが、大会が実施されないまま、コロナで帰国することになったのだそうです。

 

カメルーンの隊員さんは、生活向上をめざしての活動をされました。複数取り組まれたそうです。

①ヤムイモ農家さんの栽培スキルを上げて、生産の向上をめざす

②布を仕立てて商品を開発する

③稲作の普及

④図書館を作って、読書習慣の定着をめざす


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200717211048j:image

お話を伺っていて印象的だった言葉が2つあります。

「国際協力とか、世界を変えるというよりも自分を変えるために参加した」

「上から目線で、やってあげるとか教えてあげるではなく、一緒にやるという姿勢で」

 

わが家のお兄ちゃんの心にも、かなり響いたようで「現地の人たちが困っていることを自分で探すのは大変そうだけど、楽しそう。その国の文化を知りたいし、行ってみたい✈」と話しています。

 

さてさて、会の冒頭で、短い自己紹介タイムがあったですが、お兄ちゃんは、緊張で頭が真っ白になってしまいました~。

「次は、自己紹介を考えとく」そうです(笑)。

 

JICA海外協力隊の世界日記は、こちら。

https://world-diary.jica.go.jp/

 

 

 

LEGO部(バック・トゥ・ザ・フューチャー)

おとうと作「デロリアンが初めて登場するシーン」
バック・トゥ・ザ・フューチャーより

f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20200630193641j:plain

このところ、テレビで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが放送されていたので、再燃してます。