わが家の自由研究

好きなこと 知りたいことを たのしく研究するブログ

コーヒー部(ペーパードリップ+3層コーヒーゼリー)

お兄ちゃんがコーヒーに興味を持ち始めました。

「コーヒーは13歳から」という、わが家のルールがあったのですが、コーヒーメイカーを新調したのをきっかけに、カフェオレを飲んで、コーヒーへの情熱が爆発しました(笑)。

 

気持ちが熱いうちに、コーヒーにまつわることをして楽しもう!ということで、神戸にある UCCコーヒー博物館 に行くことにしました。

www.ucc.co.jp

 

 こちらの博物館で開催されるキッズ・カフェというワークショップに参加して、ペーパードリップと、コーヒーゼリー作りを習うことに(要予約)。

 

<アイスコーヒーのドリップ>

ミルでコーヒー豆を砕く。

コーヒーが育つ過程を教えてもらったら、焙煎されたコーヒー豆を受け取り、ミルで細かく砕く。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190921220035j:image

コーヒーのドリップ。

あらかじめガラスサーバーに氷がいれてある。その上にドリッパー、ペーパー、砕いたコーヒー粉をセットして(コーヒー粉は平らにならす)、はかりにのせ、正確に湯量をはかりながらドリップする。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190921220048j:image

コツは30gのお湯をゆっくり注いだら、20秒待って蒸らす。その後110gになるまでお湯をゆっくり注ぐ。このとき、真ん中をねらって、そこから一円玉サイズの円を描くようにお湯を注ぐ。ペーパーにお湯をかけないように注意!!

ブラックのまま試飲。

 

お兄ちゃん「ブラック初めてだけど、おいしい!」 

おとうと 「にがい~無理~(泣)」

 

<3層コーヒーゼリーつくり>

①クッキーにチョコレートでお絵かきする。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190921220128j:image

②あらかじめ作っていただいたカフェオレゼリーの入っているグラスに、コーヒーゼリー(これもあらかじめ作ってある)をスプーンでこまかく砕いてのせる。

③さっきドリップしたアイスコーヒーにシロップを入れ、②のグラスに注ぎいれる。

④牛乳をそっと、スプーンでのせるように注ぐ。勢いよく注ぐとコーヒーと牛乳がまざってしまい、3層にならないので注意!

⑤試食。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190921220112j:image

お兄ちゃん「おいしい~」ノンストップで完食(笑)

おとうと 「ゼリーがタピオカみたいな感じで、おいしい。タピオカミルクティーのコーヒー版みたい」

 

ワークショップ終了後は、博物館をゆっくり回りました。コーヒーの起源や栽培法、産地や豆の種類、などなどおもしろい説明がたくさんあり、とってもとっても楽しかったです!!!

お兄ちゃんは、さらに熱量があがって・・・「今日、めっちゃ楽しい!」の連発です。

イクラでコーヒープランテーションを作ることとか、自分でドリップすることとか、いろんな種類のコーヒーを飲んで気に入った豆を探すこととか、これからやってみたいことのお話が止まりませんでした(笑)。 

 

好きをきわめていくことで、楽しい未来が待っていそうでワクワクします。

 

「わが家カフェ」のメニューに、ポッピングボバ、ドリップコーヒー、3層コーヒーゼリーが加わりました。近々、メニューを再現してみたいと思います ♪♪

はじめてのポッピングボバ

お兄ちゃん、おとうとと母の3人で街を散策していると、とても素敵なカフェがあったので入ってみることに。兄弟たちにとって、生まれて初めてのカフェ体験です。

 

しかも「ポッピングボバ」という、兄弟はもちろん、母にとっても初耳のメニューをオーダーしました。どんなものなのか、まったく想像がつきません。ワクワクして待っているところに、出てきたのが、こちら。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190920232944j:plain

グラスにサイダーが注がれていて、マンゴーと謎のつぶつぶ(白や緑色)がのっています。その上にミントがあしらわれています。グラスの底の方にも、たくさんのつぶつぶが沈んでいます。流行のタピオカにそっくりな見た目のつぶつぶ。

 

つぶつぶを食べてみると、ん?食感はまるでイクラ!!!

口の中で、すぐにプチっとはじけて、中から甘いジュースが飛び出してきました。

めっちゃ、おいしい~!!

めっちゃ、楽しい~!!!

 

この謎のつぶつぶこそ、ポッピングボバと呼ばれているものです。

ポッピングボバとは、海藻由来の膜でジュースを包んだスイーツで、タピオカのような粒をプチっと噛むと中からジュースがトロッと出てくる新感覚スイーツです。

韓国で人気が出て、You Tubeやインスタグラムで一気に火がついたそうです。

プチプチという咀嚼音がおもしろい!というのが、人気が出た理由だそうですよ。

 

サイダーやヨーグルトに入れたり、トーストにトッピングして食べたりするのがおすすめだそうで、早速、ためしてみたくなった私たちは、お店(KALDI)に寄ってきました~!

 

KALDIでは「コーティングジュース」という名前で売られています。

味が数種類あるそうなのですが、「とても人気があって品薄状態がつづいていて、今日もブルーベリー味が3個だけ残っているだけ」と店員さんに教えていただきました。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190921003049j:plain

これで、こんど「わが家カフェ」をやってみたいと思います。

 

あ、それから、はじめてカフェに行ったお兄ちゃんは

「おいしい物を食べるおでかけをもっともっとしたい!」と意気込んでいます(笑)。

 

 

 

この水はどこから来たの?(雨のしくみ)

カップケーキが入っているプラスチックケースの内側(天井部分)に水滴を発見しました。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190903184708j:plain

この水はどこから来たんだろう?

ちなみに、水滴を発見する前、このようにプラスチックケースの上に、冷蔵庫から出したばかりのお皿(肉が置いてある)を乗せていました。
f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190903184759j:plain

おとうと 「お肉の汁がカップケーキの容器に入ったんじゃない?」
お肉の汁?そう思う??あ、でもこのプラスチックの容器、すごく頑丈で水を通さない感じがするよ。
お兄ちゃん「容器の中にあった空気が上のお皿で冷やされて、水に変わったとか?」
お、そうか~!!なんだか、雨みたいだね!!!

雨はどのようにして降るの?

①目には見えませんが、空気の中には水蒸気がふくまれています。
この水蒸気は、海や湖の水や、地面にふくまれている水が太陽の熱で温められ蒸発してできたものです。

②蒸発した水蒸気が空にのぼっていくと(温められた気体は、上にのぼる)、上空は温度が低いために、水蒸気は冷やされて、小さい水のつぶになったり、または氷のつぶになったりします。このような水や氷のつぶがたくさん集まって空にうかんでいるのが、です。

③雲の中では、小さな氷のつぶや水のつぶがくっつきあって、だんだん大きくなります。すると、重くなって空にうかんでいられなくなり、落ちてくるのです。それがです。


今回、カップケーキのプラスチックケースの中で起こったことを、これにあてはめてみると・・・

カップケーキに含まれた水分(牛乳や卵)が室温で温められてケースの中で水蒸気となり漂っていた。

②ケースの上に置いた冷たい皿がケース内の水蒸気を冷やした。冷えた水蒸気から、小さな水のつぶがたくさんできた。

③水のつぶがくっつきあって、大きくなり、水滴になった。

 兄弟 「この水滴が、お肉の汁じゃなくてよかった~」
うん、ほんとにそうだよねー(笑)


ちなみに、冬によくおこる結露、あの窓にできる憎き水滴も同じようなしくみで発生します。
結露は、湿気(水蒸気)を含んだ暖かい空気が、外の冷たい空気で冷やされることにより、水滴に変わる現象のことです。

片づけ⑧ ミニマリストに憧れて

片づけ動画を見ていると、
「まず、壁に貼っているものや飾っているものをはずしていく」
といって作業をされていました。

今日、とりかかる場所は、連絡事項やらメモやら、たくさん貼ってます。
ビフォーの写真を見た兄弟が「実際よりも、きたなく見えるね~」と言うのですが、
これが現実なのだよ(涙)

f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190911142802j:plain

壁に貼っているものをはずすと、本当にスッキリしました。
でも忘れん坊の私たちは、メモがないと困るなぁ・・・
どうしよう??

スケジュール管理については、夫婦はスマホのアプリで管理しているのですが、子供たちに知らせるためにカレンダーを使っています。
カレンダーの設置場所は、宿題ですね!!

冷えピタはどうして冷えるの?(気化熱)

おとうとが夜中の3時ごろに突然39℃の高熱を出しました。

冷えピタをおでこや脇に貼って様子を見ていましたが、頭がひどく痛んで泣き続けていたため夜中の4時ごろ、#8000に電話をしました。

夜に不安なとき、子供の体の異変を看護師さんに相談できたことで、私自身とても救われました。

kodomo-qq.jp

看護師さんに状況を説明すると

「解熱剤はありますか?」

兄の解熱剤がありますが、細粒で期限が切れています。

「その解熱剤は使えません。頭の痛みがひどくて眠れないようなら、夜間救急へ」というアドバイスをいただき、急いで向かいました。

 

頭痛で怖いのが髄膜炎ですが、診ていただいたところ、お腹からくる風邪とのことでした。お腹を押さえるだけでもひどく痛むので、水や薬も飲めないだろうとのご判断で、解熱剤も飲むタイプではなく座薬が処方されました。

座薬を使ってから、時間をあけて、水分を取り始め、おかゆで過ごし、数日経った今はとても元気になりました。

 

さて、今回、熱の応急処置に冷えピタを使ったのですが「冷えピタは、なんで冷えるの?」という疑問がわいてきました。

 

小さい頃、お風呂あがりには「すぐに体を拭かないと風邪引くよ」と、言われましたよね。確かに水に濡れたままでいると、どんどん体が冷えていきます。

 

どうして寒くなるのでしょう?

 

実は、冷えピタも、お風呂あがりに起こるこの現象と同じしくみが使われています。

水分たっぷりジェルの優れた冷却効果
高含水性基剤PAC-55を使用した含水率85%のシートです。シートにたっぷりと含まれる水分が熱を取り込みながら蒸発するので、高い冷却効果が約8時間持続します。

 

ライオンHPより

 

 

これは、気化熱のしくみを利用しています。

気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。


水が蒸発して水蒸気になるときには熱が使われるので、まわりの熱が奪われて温度が下がります。

冷えピタに含まれている水分が、体温をうばって蒸発しようとするから冷たくなるのですね。

 

ほかにも、夏に街で散布されているミストや、地面にまく打ち水など、気化熱を使って気温を下げることを行っています。

 

おまけ

おとうとが、使用後のカピカピに乾燥した冷えピタを水につけてみました。

私も、冷えピタって再利用できるのかなぁ?と思っていたので、実験してみたかったことです。

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190910142102j:plain

こうなりました〜。

ぶるんぶるんして、スライムみたいになりました。

ちょっと、水が多すぎた(汗)。

 

お皿に少し水を入れて、もう1枚使用後の冷えピタを浸すと

 f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190910142127j:plain

まあまあいい感じに戻りました(笑)。粘着力も、少しあります。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190910230328j:image

衛生上、再利用はよくないそうですが、どうしても足りなくなってしまったときには、再利用できるかも!と思った次第です。

片づけ⑦ ミニマリストに憧れて(ネガティブモードからの復活)

モチベーションアップのために、You Tubeで片づけの動画を見ています。

いろんな人たちが、片づける前と後とでの生活の変化・価値観の変化を教えてくれているので、とても参考になります。

 

不必要なものをそぎ落としていくことで、本当にやりたいことに挑戦していけるようになるという体験を聞くと、ワクワクします。

 

実際に、自分の中でも変化が起こってきていて、今までなら絶対に手を出さなかった2つの分野に興味が出てきました。

 

そのうちの1つには、先週、図らずもトライする機会に恵まれました。(まだまだ早いっ、無謀でした。)

トライした結果、大失敗で・・・(泣)。

「あ~あんなことしちゃった、こんなこと言っちゃった」という反省が止まず、自分を責めるループに陥ってしまいました。

 

でも、現状の自分を受け入れると、「今はヘタでも、これから頑張っていけばうまくなるでしょっ!!」という思いに変化していきました。

 

ネガティブモードからの復活が、以前よりも早くなったと感じています。

 

これは、片づけのおかげなのか?それ以外に何か理由があるのか?わかりませんが、私にとって大きな変化でした。

 

片づけ練習7日目です。

玄関を入ってすぐの階段下。

写真を撮ると、本当に本当に、客観的に見ることができますね(苦笑)。


f:id:jiyu-kenkyu-kazoku:20190904121856j:image

「今」にフォーカスすると、こうなりました~。